So-net無料ブログ作成

アメリカンスナイパー [ビデオ]

新年最初のブログとなります。

キャンディーズ、サザン、中島みゆきのDVD(ブルーレイ)を
立て続けに購入し、昨日やっと全部み終わりましたが、
購入が女房にみつかり・・・・。

その他録画した海外ドラマや購入したものを消費するのに忙しく、
レンタルで映画を見ていなかったが、準新作クーポンで
「アメリカンスナイパー」を借りてきて見た。

時間があったのでギャラリーにある解説も見たが、
もし解説を見なかったら、
というよりも見終った直後の感想は、

「なぜこの後の展開がエンドテロップと一緒なのか」
でした。チョットまだ深イイ話はないのかな・・・。

解説を見て納得するとともに、更にこの作品のよさが
理解できたと思います。

ただ、過去に何度も申し上げておりますが、日本人の
私には、対テロへの正義感が主人公に比べれば
全くないに等しく、感動も当事者とその関連の人々とは
その大きさが異なるのでしょう。

もし、彼が存命のままこの映画が創られていたとするならば、
クリントイーストウッドはどんな作品にしたのでしょうか。

ターゲットとなっているライバルのスナイパーを排除する
指名を四回も戦地に赴き達成しました。
映画の終わりを迎える砂嵐の中で、ターゲットが横たわっている
シーンは大変印象的です。

海外ドラマの見過ぎのせいか、死んだはずのターゲットが
よもや動き出すのではないかと思ってしまったのは、
解説を見た後に、少し恥ずかしく思いました。

海外ドラマの「ラストシップ」は昨日全10回で終了。
もう少し何かがあってもよさそうだったのですが、当然海での
ドラマ展開がタイトルの持つ意味だと思うので、孤独で閉鎖的な
状況において、ストーリーの展開が乏しいのは如何ともしがたい
のでしょう。
シーズン2以降もあるようですが、「レボリューション」と似たような
展開で、もちろん主人公たちの活躍により世界に平和と秩序と再生が
行われるのでしょうが、本来の「ラストシップ」はどこかに行ってしまわ
ないのでしょうか。

アンダーザドームの後はホームランドも4が始まるようなので、
まだまだ忙しい。

それでは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。