So-net無料ブログ作成
検索選択

インフェルノ [ビデオ]

インフェルノのDVDを見ました。

正直、歯抜けで淡々としていて、原作をなぞっただけ、
2時間で話が終わらなければという無理なスピードのみがあり、
じっくり美術品・芸術品・建築を堪能できるわけでもなく、
謎解きに余裕と余韻が感じられず(ただ謎と答えが連鎖するだけ)、
せめて小説では描ききれない(読書中の想像以上の)特別な映像的感動もなく、
めりはりのある「スピード感」がない。

イタリアの特急列車の移動シーンにあこがれるのは、普通以上の海外旅行
が当たり前のこの時代に、私だけなのでしょうか。

小説同様、作中の時間のテロップは出るが、そこに何の感慨もない。ただ過ぎるだけ。

つまるところ、全く以って期待外れ。

主演がトム・ハンクスでなかったら、3流以下。

助演で重要な「シエナ」が助演になっていない。
このエンディングであれば、「シエナ」はただの悪役。
じゃないのに。そこが小説。読みながら次を想像する
面白みの重要人物なのに。

小説の「シエナ」をあんだけブログした自分が恥ずかしい。

WHOの女性局長の方がただの脇役なのに、まるで助演のよう。

大機構の暗殺者も、もっと人格があった筈だが、ただの登場人物。

歴史的建造物の隠された迷路も、原作を知らない人には
ただの逃走通路にしか思えない。
普通~に観光に行ったのでは簡単に体験できないであろう貴重性が
感じられない。(特急同様)

なぜ、五百人広間の天井裏なのか、ただ暗殺者が落ちて死んだだけ
の場所ではない・・・・もー語りだしたらきりがない。

BDを購入しようと思ったがやめた。

2時間の映画に収めること事態が無理なのだ。

過去にも語っているが、是非「24」の制作スタッフで、12話、6話でいいから
「ダ・ビンチ・コード」「天使と悪魔」「インフェルノ」をドラマ化してもらいたい。

話変わって、

ローグ・ワンのDVDはアメリカでは4/4に出るようだ。
日本では、4/28に決まったようだ。

こちらは必ず購入。

それでは。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

96時間-レクイエム [ビデオ]

96時間-レクイエムレンタル視聴。

少し前に「フライトゲーム」も視た。

よく思い起こしてみるとこの「リーアム・ニーソン」
あちこちで視ていたなと思い出す。

いろいろ調べたら
バトルシップ
アンノウン
特攻野郎Aチーム
シンドラーのリスト

・・・・

自分でびっくり、クワイ=ガンジン。
全く意識していなかった。
というか、演じた俳優が誰なのかに全く興味が
なかった。
私の中ではクワイ=ガンジンはクワイ=ガンジンで
リーアム・ニーソンはどこにも居なかった。

一時「ニコラス・ケイジ」をなぜか視ていた時期があるが、
このところニーアムじゃなくてリーアム・ニーソン(よく間違える)
をなぜがよく視ている気がする。

ところでスターウォーズ7のDVDはいつ頃出るのだろうか。
まだまだ上映中のテレビコマーシャルが出ているので、
もしかしたら春休みまで公開中な雰囲気。
その後に出るとして、早くても5月、6月くらいですかね。

まずはもう一度視たい。(映画館で観ればいいんですけどね)

このところの海外ドラマの感想

「アンダーザドーム3」:惰性で視ていた。終わった。もういい。
「ホームランド4」:さてどうなるか。スタートはいまひとつの感。
「ワンスアポンアタイム3」:まだ出ていないおとぎ話の主人公は誰?
「パーソンオブインタレスト3」(レンタル):まだ4もあるが、最後がよく見えない。マシンが壊れて終り?
(次のレンタルは「ハワイファイヴオー4」の予定。

「エージェントオブシールド2」:3月スタートに期待。

本日はこれまで。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アメリカンスナイパー [ビデオ]

新年最初のブログとなります。

キャンディーズサザン、中島みゆきのDVD(ブルーレイ)を
立て続けに購入し、昨日やっと全部み終わりましたが、
購入が女房にみつかり・・・・。

その他録画した海外ドラマや購入したものを消費するのに忙しく、
レンタル映画を見ていなかったが、準新作クーポン
「アメリカンスナイパー」を借りてきて見た。

時間があったのでギャラリーにある解説も見たが、
もし解説を見なかったら、
というよりも見終った直後の感想は、

「なぜこの後の展開がエンドテロップと一緒なのか」
でした。チョットまだ深イイ話はないのかな・・・。

解説を見て納得するとともに、更にこの作品のよさが
理解できたと思います。

ただ、過去に何度も申し上げておりますが、日本人の
私には、対テロへの正義感が主人公に比べれば
全くないに等しく、感動も当事者とその関連の人々とは
その大きさが異なるのでしょう。

もし、彼が存命のままこの映画が創られていたとするならば、
クリントイーストウッドはどんな作品にしたのでしょうか。

ターゲットとなっているライバルのスナイパーを排除する
指名を四回も戦地に赴き達成しました。
映画の終わりを迎える砂嵐の中で、ターゲットが横たわっている
シーンは大変印象的です。

海外ドラマの見過ぎのせいか、死んだはずのターゲットが
よもや動き出すのではないかと思ってしまったのは、
解説を見た後に、少し恥ずかしく思いました。

海外ドラマの「ラストシップ」は昨日全10回で終了。
もう少し何かがあってもよさそうだったのですが、当然海での
ドラマ展開がタイトルの持つ意味だと思うので、孤独で閉鎖的な
状況において、ストーリーの展開が乏しいのは如何ともしがたい
のでしょう。
シーズン2以降もあるようですが、「レボリューション」と似たような
展開で、もちろん主人公たちの活躍により世界に平和と秩序と再生が
行われるのでしょうが、本来の「ラストシップ」はどこかに行ってしまわ
ないのでしょうか。

アンダーザドームの後はホームランドも4が始まるようなので、
まだまだ忙しい。

それでは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いよいよドレスローザ [ビデオ]

ワンピースのDVDを第1巻からレンタルで見始めて
いよいよ次回よりドレスローザ編に突入。

過去のブログを探したら見つかった。

2012年11月26日のブログで

「第1巻から見はじめて現在5巻目」

週1で見ているとすると最初は10月あたり。

ここまで来るのに3年を費やしたとは。

当時、1年以上は楽しめそうだと語っているのが
なんとも懐かしい。

現在放送中のものはDVDの11巻目あたりから
以降になるので、そこに追いつくまでにあと10週。

さらに、イッキ見しても「放送中」に追いつくには
まだまだたっぷり3ヶ月以上先の話となる計算。

まあ、それでもゴールが見えてきたのには違いない。
とは言っても、本編のゴールはまだまだ先なので
あるから。

ふと、ワンピースのゴールは何なのであろうか。
「麦わら」の返還こそ最大のイベントであると思うが、
それが最後とは思えない。
「返還」はもしかしたら、また、悲しく壮絶なイベント
なのかもしれない。

七武海、四皇、敵はまだまだ沢山いるので、全く
想像もつかないが、それらを全て従えてこそ海賊王
なのであるから、どうなるかは想像不能。

現在の「麦わらの海賊団」は七武海にほぼ匹敵する
海賊団なのであろうが、四皇(これがどういった存在
なのかは全く理解できていないが)に匹敵する存在の
海賊団に僅か9人で成り得るのであろうか。
ルフィーならやりそうだが。

近くなったとはいえ、まだまだ先は長いのでゆっくり
楽しもう。

その他

アンダー・ザ・ドーム3rd」は正直、あまり面白くない。
ゲーム・オブ・スローンズ4th」は話が長引きだして、少し単調。
「パーソン・オブ・インタレスト3rd」を見始めたが、前の続き以外になにかあるのであろうか。

BSフジの「ラストシップ」が面白い。
トムクランシーもドンパチしなくなって、久々にドンパチを見た。
大きいだけで当らない大砲の時代から、小さいけれど百発百中の
主砲を備え、(まるで「ジパング」の「みらい」を思い起こす)
シウスがバリバリバリバリ・・・・・。
最初だけかもしれないが、毎週楽しみ。

現実世界では、トルコがロシア機を撃墜!
SU-24(F-111の物まね?)は初期の大戦略の頃にしか
プレーに使用しなかった機体だが、現実にはまだ現役なのだなー。
急遽派遣されたモスクワ級巡洋艦(巡洋艦だよー)もふるー。

本日はこれまで。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サラ [ビデオ]

ARROW 2nd は現在第3巻。

準新作の100円クーポンが隔週以下の発行状況なので
なかなか進まない。

海外ドラマシーズンが進むにつれて、死者(のはず)が
生き返ったり、新たな登場人物により、新たな展開に
なったり・・・、
だからこそ、どのシーズンでも打ち切り、継続が可能なのだと
最近ではないが、いろいろ見るほどに、そう思う。

DLife放送中の「リベンジ 4th」も死んだはずのデヴィッド
登場により、新たなリベンジ(誰の?)が始まる。
ヴィクトリアのリベンジシーズンかとも思ったが、どうも
そうではないようだ。
謎の人物も新たに登場し、はたしてどういう展開になるのか。

「ホームランド」では「デイナ」の動向を気にしていたが、
ストーリーにあまり関与していなくても、シーズンが新しく
なったときに、突然中心人物になるなんてこともある。
「デイナ」が活躍するときはいつ。
もしかして母が悪の道に・・・。

「24」のクロエは1stシーズンでは、正直脇役のままの
雰囲気であったが、最新版では準主役である。

いづれにしても、善悪のドラマでは、悪の入れ替わりにより
善が変化していくのだが、「リベンジ4th」で、
ヴィクトリアのひとり悪のみが表だって思いっきり出ているのが、
これまでの裏でしっかり出ていた悪から変化していて
大変気になる。

デヴィッドの秘密で4thは終わるのだろうが、これまでの
「リベンジ」はそのシーズンのピークを事前に打ち出して
いたのだか(その謎に惹かれて見たのだが)、今回は
それがない。
ないことで、一層気になる。

ワンピース」はいよいよ、そろそろ次で仲間集合?
ひとりルフィーは長かったが、ワンピースの根幹をここで
イッキに方向付けたものと見る。

それでは。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フレッドのおとうさん [ビデオ]

ベイマックスレンタル、視聴

主人公「ヒロ」とベイマックスのみが中心で展開する
ストーリーだと思っていたが、兄「ただし」のお友達が
まさか5レンジャーになるとは思っていなかった。

もう少しシリアスなストーリーだとばかり思っていたが、
5レンジャーの活躍が始まってからはトントントンと
話が進み、勧善懲悪のアニメ作品ではあったのだが、
「ただしのやさしさ」が根底に残る、見てよかった作品である。

ただ1点申し上げるなら、新たなシチュエーションのヒーロー
物語をたった1話で全てを表現しているので、

「分かったから早く続きを作って欲しい」

という感想で終わっている。

これは、最近のドラマシリーズの見過ぎが原因かなとも思うのだが、
最初の設定から次をつい推測してしまう習慣になってしまっている
からであろう。

つまり、シリーズが先にあるはずのストーリーのスペシャルムービーが
突然できてしまい、それを見てしまったという心境なのである。

当然「フレッドのお父さん」にも次は大活躍して欲しい。
ちょっとつまずいたところで、5レンジャーが挽回する、
ありがちなものでも十分。

他は順調とはいえないのだが、
先々週、アンテナの接続が不十分であったことが原因らしく、
録画予約が働かず、一部の連続録画が途切れてしまった。

まあ、致し方ないので、補完できる次の機会をじっと待つ。

読書は少しずつ時間を増やし、「米露開戦」はやっと4巻目。
しばらく書店を覗いていなかったのだが、フランク・シェッツィングの
新作が出ていた。
またしても分厚い上中下の3巻。
止めている「炎と氷の歌」をどうするかが考えものだが、
とりあえず店頭からなくなる前に買っておこうと思う。

それでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また手を抜いてしまった [ビデオ]

また、ブログ更新の手を抜いてしまった。

いろいろ忙しかったが、中断が半年、1年にならないように
早めに復活と思いつつ、はや4月も中盤。

いろいろ状況報告。

ゲーム

「とびだせどうぶつの森」は毎日決まった日課を朝の通勤時のみ
繰り返し作業の連続。
決まった日課とは、「水やり」「発掘」「石たたき」「木ゆすり」「買い物」「肥料やり」の6項目。
イベントのあるときはなるべく参加するが、必要最低限参加するのみ。
住民との会話やたのまれごとが減り、「1週間ぶり」とか言われる。

「モンハン4」(Gじゃない)
現在地底火山開始。まだまだ。

数独:ほとんどやってない。たまにゲーム機を持っていないときの暇つぶし。

ビデオ

ワンピースのレンタルはマリンフォード編、黒ひげが登場して一番感動的なところ。
「D」の秘密など、ワクワクのシーンもあり、根幹に近づいてきたのかなとも思う。
日曜日のBSフジのダビングに加えて、地デジフジのダビングも開始。
最新の事の成り行きは全く理解していない。

映画(最近からの順)、クーポンはほぼ2週に1度の状況。
「インターステラー」:しばらくぶりに新作で借りてきた。良かった。
「ウルフ オブ ウォール ストリート」:長かった。半分位でも十分ダイナミック。
「マレフィセント」:まあ良かった。子供も見たがってたし。
「思い出のマーニー」:昨年映画館で見てDVD購入。見直し1回目。その後映画館には行っていない。
「トランスフォーマー ロストエイジ」:主人公が換わり・・・。まあまあかな。
その前見たのはなんだったけ。

ドラマ

TV放送の録画で「パンナム」:最終回は今週視聴予定。シーズン1のみでいいんじゃない。スパイの
サスペンス性より当時の金持ちになった気分で世界一周の旅に行った(行けた)気にしてくれるだけで
よかったのに。

「ホームランド3rd」:一昨日視聴完了。キャリーが主人公なのでかまわないが、ブロディのいない4th
は見るだろうけど、どうなの。今後、面白くなくなるまで何ぼでも続けられる。

ブロディがランニングしてホワイトハウスを眺めるシーンこそが「ホームランド」だと思う。

<D Life>

「ニキータ3rd」:録画、ダビングのみ
「X-ファイル3rd」:録画開始。
ついに始まった「リベンジ4th」:第1話はまだ見ていない。今日も無理そう。
「ホームランド3rd」:一応録画、ダビング。

<アニメ>
「機動戦士ガンダム」:録画終了。35話が操作ミスにより抜け。
「ドラゴンボールZ」:まだ先は長いが録画中。
D Lifeで「アタック№1」と「エースを狙え」録画開始。

<読書>
トムクランシー最終作「米露開戦」の3巻目。読書スピードは大変遅いが、合間を縫って
すこしずつ。いつ開戦するんだ。もうしているのか。

「炎と氷の歌」は1巻目途中で休眠中。

いやはや、忙しい。

ガンバレ毎週更新。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デイナ2 [ビデオ]

「HAWAII FIVE-O」3rdを見終わり、次は「ARROW」2ndか
HOME LAND」3rdのどちらにしようか迷ったが、
D-Lifeで放送しそうも無いので、「HOME LAND」3rdを選択。

第1巻、1話、2話を視聴した。


人気ドラマで、まだまだ先がある(5thも決定とか)ようであるが、
このドラマの根幹は何なのか。

「ブロディのホームランドはどこ?」から始まったと感じているが、
大変気になっている「デイナ」のホームランドもどこ?という
新たなテーマがなぜこれほど描かれるのか。
息子はどうも出ているだけのようだが。


また、「ソール」のホームランドもどこか、妻は戻ってくれることを
望んでいるが、戻ってこない男は男の本質だろうか。

「ジェシカ」のホームランドは「マイク」だったのか。

登場人物それぞれのホームランドはどこなのかが描かれながら
アメリカ国民の視聴者ひとりひとりが自分のホームランドを
考え直すドラマなのか。

最後の最後に「キャリー」のホームランドは病院なのか。

キャリーの演技はすばらしいと思うが、この人が主人公で
あるドラマであることもすごいドラマである。

まだまだこれからの3rd。何かあればまた語りたい。


TVではPAN AMを録画して視聴中。
古きよき時代とともに世界を巡るほのぼのとしたドラマと
して見ているが、CIAがらみの設定は不要と感じる。

また年明けからTOKYO DESIGNERS WEEK
録画しているが、なかなか見る時間が作れない。


ワンピースはインペルダウン編を進行中。

とびだせどうぶつの森はやっとデパート完成。

モンハン4(Gじゃない)はやっとドスジャギーを討伐。まだまだ。

さて、今年も消化が忙しい。

それでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末年始いろいろ2 [ビデオ]

その2でございます。


購入後見ていないDVD、RD等をやっと視聴。

サザンの「真夏の大感謝祭 LIVE(2013)」。ニューアルバム3/31発売に期待。
「昭和八十八年度!第2回ひとり紅白歌合戦」をまだ見ていないのでこの連休中に必ず。

ユーミンの「ALL about POPCLASSICO」の2013-2014ライブツアーを視聴。
Road Show」のライブからさらに演出が普通に。今「シャングリラ」をやって
儲かるとは思えないのだが、もうあのような壮大なステージ演出は不可能なの
だろうか。

ユーミンを優先したために、先に購入していた中島みゆきの「縁会」2012-13も
見ていない。これもこの連休中に?
大晦日の紅白出演。黒部のロケではないのだから、別スタジオではなく、NHKホールの
ステージに出ていただけないのか。無理を承知で一度ホールで歌って欲しい。
これは、サザンもユーミンも同じ。
それくらい、紅白は地位を回復しないと。がんばれ。

正月の特別番組でジョディ フォスターの「コンタクト」を視聴。
ジョディ フォスターは好きな女優であり、この「コンタクト」は最も好きな映画
一つである。
見るのはこれで3回目(その割には少ない?)、吹き替えで見るのはたぶんはじめて
「フライト」も好きな映画であるが、こちらのほうがやはり一番。

NHKの「コズミックフロント」は放送開始(もう何年やっているだろう)からずっと
録画して欠かさず見ているが、我々地球人はこの宇宙で唯一の存在か否か。
映画の当時からは20年以上が経過し、いまだ痕跡の発見には至っていない。

映画の中で、「神の存在を信じるか」という件があるが、日本人の私にはどちらでも
良いように思えるが、我々がもし唯一の存在であったならば、それこそ神のなせる業
以外に考えられない。

「むかしむかし、銀河の遠いところで」はおなじみのスターウォーズのはじめの言葉で
あるが、遠大な時間と空間を持つ宇宙で、我々が見つけられないものがあるのは
むしろ当然で、60億光年のかなたの星で、いま(60億年前に)そこで、ミレニアムファルコンが
タイファイターに追いかけられているかもしれないけれど、それを気付けない。見れない。
(100万光年でもおなじであろう。十分文明が入れ替われる期間であると思う)

それくらい、宇宙は私たちの想像すらはるかに超えた大きな存在なのである。

「コンタクト」のジョディフォスターの最後のセリフに、
Q:宇宙人はいるの、
A:分からない、だから研究する。

とあるが、科学は、それが無駄だとか、有益だとか、儲かるだとか考えることなく
ただただ実直に研究し続けることが大切であろう。

「アリマス」と信じて発言した人は、実直に研究していたのだとおもうのだが。

さて、正月気分はこれまでにして、仕事、仕事。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末年始のいろいろ [ビデオ]

新年は、寒くて、景気も良いとは思えない。

年末年始はいろいろ消化しました。

ゲーム オブ スローンズ:3rdの5巻を視聴完了。
読書は全く進んでいません。
マーゴットほど怖くないキャトリンが・・・・。
七王国の終焉はいったいどうなるのでしょうか。
スターク家の運命やいかに。
デナーリスはどこまで迫る。


ワンピース:シャボンディ諸島から女ヶ島までダビング
していた15話ほどをイッキ見。
夏に放送された特別番組「3D2Y」の意味を
やっと理解する。
それぞれの仲間の行く末は現在視聴中のところ。

現在進行形の最新のストーリーを理解されている多くの
ワンピースファンの方を前にしては、大変恐縮なのですが、
約400話となるここまで見てきて、

①ルフィーはどんどん強くならねばならない。
②半分を航海し新たな新世界で今まで以上に新たな冒険が
必要となる。
③あと数百話は続ける物語でなければならない。(実際続いている)
④ストーリーごとに仲間が増えるのにも限界がある。増える魅力は
そのエピソードを含めてワンピースの醍醐味の一つだが。

を考えた場合に、
多くのヒーローはどこまでも無敗なのが普通だが、
麦わらの海賊団の壊滅という選択は、思っていても
なかなかできない選択で、正直、想像だにしていなかったので
ワンピースのすごいところの一つだなと思う。


アンダー ザ ドーム2放送完了:3rd も見るしかないでしょう。

だいぶ以前に「24」でも触れましたが、アメリカドラマはとにかく
どんどん平気で人が死ぬ。
これにより、新たな配役で飽きさせないのであるが、
日本のドラマでは考えにくい。
「太陽にほえろ」では殉職も多かったが、
「相棒」ではあまり人は死なない。死んだのもあったが。

ちなみにワンピースにこの方法がとられていたら、
どうだっただろうか。
一人、ないしは二人以外どんどん仲間が入れ替わるワンピース。
(「24」は結局ジャッククロエの二人)
仲間が10人を越えたらあってもいいのかな。
他の海賊団は数十人いるのが普通だが、麦わらは精鋭オンリー
海賊団だから、これが30人いたらちょっと興味が薄れる。

今年も皆様にとって良い年でありますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。