So-net無料ブログ作成

米朝開戦 [読書]

トム・クランシー原作の「米朝開戦」は4巻目の後半。
まだ読み終わっていないが(残すところエピローグ)、
何がこれまでと違うのかを考えた。

主人公がいない。

ジャック・ライアンシリーズの主人公は「ヤオ」?

アメリカを救ったのは画像分析官の「アネット」?

それぞれの主力メンバーがそれぞれに活躍し、
新たな登場人物(敵側ですら)も今回の物語中で印象に残る
出演をしているのだが、この物語の中心的人物がいない。

ジャック・ライアンシリーズの中心人物はもちろん
ジャック・ライアンなのだが、前作まではジュニアが
中心人物となっており、強烈に個性豊かな人々に
囲まれながらも、彼を中心に物語が展開していたのは
間違いない。

しかし、今作ではジュニアですら脇役のような存在感しか
感じられない。
それぞれの登場人物の行動が細かく描写され、それは
それでよいのだが、思い返してみると、みんな均等の
イメージしか残らない。

自作があるのかは、まだ「あとがき」を読んでいないので
分からないが、このシリーズのままであれば、これだけの
超個性派集団が活躍する世界的な事変はそう簡単には
用意できないであろう。

ISがらみであれば、レインボーシックス的なものでよいし、
局地的なものであれば、大統領まで出てくる必要のない
現場担当官の活躍劇でよい。

次作にも「アダム・ヤン」が登場する方にいやみで100円。

さて、別の話題だが、今週の「ワンス・アポン・ア・タイム」は
3rdのときもあった、シーズン中盤での特別番組。

「悪い女王」のファンとしては、やっぱりみんな「レジーナ」が
好きなんだとわかり、納得。

後半もさておき、最後の最後になるかもしれないが、
気になるのは「魔法の帽子」の結末。
いつかミッキーが出てくる日が楽しみである。
というか、あそこまで(ほうきまで出して)してミッキーが
出ないなんておかしいだろう。
以前にも述べたが、「ルーク」や「ベイダー」にも是非出て欲しい。
「ベイダー」こそ最強の「悪の王」。でも少し茶化し気味に。

これも何度も申し上げている、「スターウォーズ」はおとぎ話。

「a long time ago in a galaxy far far away」

「むかしむかし銀河の遠いところで」と思っていたが

「遠い昔のはるか彼方の銀河系で」が正しいようである。
※言われてみれば、スターウォーズの銀河地図は天の川銀河
とは違う銀河なのであろう。
辺境の惑星「タトウィーン」はなんとも辺境の太陽系の地球みたいであるが。

「銀河の遠いところで」であれば、我々の(天の川)銀河内の遠いところでとの
解釈も成り立ち、たしか直径10万光年だったかな、だから銀河系辺境の地球の
「今」でも最大10万年前の星を見ているわけで、そこで起こっていることが
見えたとしたら、10万年前の出来事である。

「はるか彼方の銀貨j系で」であれば、アンドロメダ銀河が250万光年の彼方、
一番近い大マゼラン星雲でも16万光年。(意外と近い)

当然もっと遠い、数億光年、百数十億光年彼方の銀河もあるので、
「今」見えたとしても、太陽系誕生以前の物語かもしれない。

そして、現地の「今」は数十億年後のだれもいない星かもしれない。

それでは。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また1ヶ月以上のお休みを [読書]

また1ヶ月以上のお休みをしてしまいました。

その間、いろいろ進捗。

【読書】

「インフェルノ」は完読。
映画のフェリシティが早く見たい。

「米朝開戦」は現在第3巻目。
なんか、トムクランシーと違う。当然だが。
伏線がない。「エッ」がない。
普通にICBM阻止して終わるのだろう。

「とびだせどうぶつの森」を止めたのは正解。
読書が進む。
しかし、私の村は今・・・・・。
気にしないことが大切。

【ゲーム】

「ドラクエ7」は大灯台の手前。プレー時間は60時間強。
主人公は「ゆうしゃ」に転職した。
マリベル(賢者修行中)がいなくなった後、回復系が不在になり一苦労。
そのうち戻るのだろうが、その他のキャラを僧侶には転職させるが
「魔法使い」に転職させることが少ないので、その後賢者がいない。

三国志12は最初に数時間プレーして以来、はや1ヶ月。やる時間はない。

【ビデオ】

「おとぼけミッチェル」がどうしても気になるので、見ないと決めていた
「レボリューション」コンプリート&2ndを見始めてしまった。
ただただ「ミッチェル」のおとぼけを見たいがためにレンタル継続中。
現在9巻目。次は「V」を見てしまうのか?

【ドラマ】

月曜日「ザ・ラストシップ」2nd:次週潜水艦と決着? 楽しみ。

火曜日「フラッシュ」1st:途中放棄も視野に入れて見始める。
「フェリシティ」が出てきたので、ついつい毎週見ているが、
特別なものはない。ありがちな娯楽ドラマ。
メタヒューマンが一度に出現してもいいはずなのだが、毎週
ひとりずつ出現するのはドラマならでは。

水曜日「ワンス・アポン・ア・タイム」4th:「ミッチェル」はそろそろおしまい?

木曜日「コズミックフロント NEXT」:ドラマではないが前シリーズの
放送開始からズーっと見ている。たまに忘れた頃の再放送が放映されて
「これ見たよな」・・・。最近多いので、録画前に内容の「再」を確認。

金曜日「プリズンブレイク」1st:2nd以降も放送してくれるのかは分からないが、
レンタルで全編見ようと思っていたので、視聴中。

土曜日「エージェント・オブ・シールド」2nd:スカイの運命やいかに。

海外ドラマもずいぶん見たが、ある程度見ると、
「あのドラマのあの人が出てる」や
「こんなとこにちょい役で出てる」
という機会が増える。

イメージが違うタイプの人もいれば、イメージが全く変わらない
人もいて、それぞれに脇役に必要な人たちなのだろうなと感じる。

最近、第1日曜日の無料放送のCS、フジテレビTOWでワンピースが
放送されない。10話まとめてダビングチャンスがたぶん4月から
なくなったのかな。

以上こんなところです。
それでは。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シエナⅡ [読書]

「とびだせどうぶつの森」の毎日更新をやめました。
かれこれ1週間ですが、街がどうなっているかを
考えないようにしています。

その分「インフェルノ」は順調に読書推進。
現在3冊目の「下」に突入。

「中」の後半で初めて時間の記載がありました。
アメリカ東部時間で午前4時半(?)位だったかな。
時差は6時間と推察。
フィレンツェから出るところ。

「下」の読書中現在はヴェネツィア、サン・マルコ寺院を
抜け出すところ。「日差し」の表現から、午後の中盤
あたりでしょうか。
「場所が違う」と気付き次の目的地・・・・
これが「イスタンブール」かな?

さて、毎回、ラングドン教授が美人女性を連れて
冒険、謎解きが進行するのだが、気になることが
1点。

「シエナ」の素性が初期の段階以外に全く(かつらは
途中発覚したな)語られない。
「彼女の素性」は必要なく物語りは進行するが、
こういう場合、忘れた頃にあとで何かあることが多い。

他の登場人物はそれなりに物語への出入りが語られており、
特に違和感は感じないが、「シエナ」はこのままの素性の
ままで終わるのかが疑問になってくる。

読書スピードが上がったので、近日結果は分かるだろう。
また、毎回エンディングストーリーを楽しみにしているので、
このあたりで「シエナ」が語られると終わりの満足感が
得られそうである。

ところで、逃走がメインで、今回の「インフェルノ」ではモノ的な
謎解きが少なく感じる。
メカ的には「プロジェクター」があるが、このメカにもっと謎が
あってもいいのではと思う。
これからあるとは考えにくい。
「最後の鍵」だったりはするかもしれない。


このお休み中、スターチャンネルで録画した「サンダーバード」を
視聴完了。
レンタルビデオでは「おとぼけミッチェル」がどうしても気になり、
見るまいと決めていた「レヴォリューション」2ndを見始めて
しまった。
「アメリカ政府」も「ナノメカ」も、登場人物の生き様も含めて
何が焦点なのか分からない。むしろ「ネヴィル少佐」主人公の
人物ドラマの方がいいのではと思うくらいだが、「おとぼけミッチェル」
見たさに視ている状況。

ちなみに「ラスト・シップ」の戦闘機はF/A-18だった。昨夜の録画は
これから視聴。

ゴールデンウィーク後半の目標はドレスローザ14巻目から放送を
録画していたワンピース、ブルーレイ3枚、約40話以上分を視て
現在の放送中に追いつくこと。

いやはや、第1話から見始めて、2年、3年、やっとここまで来た。


明日は、May the 4th be with you. だが、思ったほどスターウォーズ
盛り上がりはない。

郵便局からメールが来ていたので、スターウォーズの切手セットを買った。
純金プレート54万円を買う人がいるのだろうな。
純銀も買えないので、紙の切手セット。
昨年2組セットを買ったけど、内容は違うよね。確認していない。

いよいよⅧの予告編が明日発表されるか・・・。

もしかしたら、明日、緊急ブログ。

それでは。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シエナ [読書]

久しぶりに読書再開。

「インフェルノ」の文庫本が出たので、
中断していた「下流老人」をイッキに読み終え、
帰りの電車は寝ずに読書タイムに変更。
それにしても上中下の3冊の1冊が薄い。
上下2巻でいいだろう。
トムクランシーと一緒で最近はみんな薄い。
読書中断中だが「炎と氷」の分厚さと比べると・・・。

しかしながら、中身は濃い。
現在「中」の最初の頃の状況だが、推定時間、朝の9時頃。
たぶん、深夜に始まって時間の経過は6時間程度であろう。

状況からして、その日の夕方までには大半の決着が
つくのではないだろうか。
最後に「一夜明けて」があるかどうかは、読み終わってから
考察しよう。

「24」より忙しそうなのは相変わらずである。
3:00-4:00 病院で襲撃を受ける。
4:00-5:00 シエナのアパートに逃げる
5:00-6:00 ほっと一息、バイオチューブ。再度襲撃を受ける。
6:00-7:00 再び逃げる。フィレンツェ市内。
7:00-8:00 ヴェッキオ宮殿内、ドローンの追跡。回廊。
8:00-9:00 五百人大広間。デスマスク。
9:00-10:00 再び逃走。天井裏。

多少ずれているかもしれないが、「24」風に1時間(40分)ドラマが
十分に確立しそうである。

果たして、2時間の映画ではどうなるであろうか。
「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」のスピード感。
イッキに見終わったという感じは今回も期待したい。

しかしながら、映画ではサスペンス映画としては見ごたえが
あるのだが、謎解きの部分はどうしても分かりづらいまま、
場面が展開してしまう。
原作を読んでこその映画であることは今回も変わらないであろう。

トム・ハンクスのラングドン教授はもとより、シエナの映像での活躍が
楽しみである。

話は変わって、4月は番組改編。

ドラマでは
「X-ファイル」6th、「ワンス・アポン・ア・タイム」4TH、
「エージェント・オブ・シールド」2nd、引き続き「ホームランド」4th。

アニメではルパン三世、クローンウォーズ、反乱者たちが終了し
継続以外に、これといって新しいものがない状況。
ワンピースはドレスローザのレンタル11巻目。
(TUTAYA:準新作、GEO:旧作なのでGEO。
TUTAYAのお誕生日月半額はなくなった?)

映画は最近見ていないが、007を整理していて、12作目の
「ユア・アイズ・オンリー」以外録画していたことに気付く。
ダブリ録画も整理して、2Tの外付けハードディスクにフォルダーを
作って整理した。

DVDはケース8個分あるため、機会を見てはなるべくDVD→ブルーレイ
に変更するよう心がけている。
いろいろ試したがDVDをハードディスク、ブルーレイに移動できない。

スターウォーズⅦ「フォースの覚醒」のDVDの発売も決まり、
5/4のフォースの日まで、今しばらくはスターウォーズ関連の番組が
賑わうであろう。こちらも楽しみ。

それでは。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沖田圭介2 [読書]

コミックですが分類は読書。

「風の大地」と「ジャイアントキリング」の最新刊がレンタル
されていたので、即レンタル。

「ジャイアントキリング」は最初のころ10冊くらいレンタル
されていたのに、だんだん数が少なくなり、今では3冊。
「風の大地」の1冊よりはよいとしても、競争率はだいぶ
落ちているのだろう。

さて、前巻でどん底となった「風の大地」であるが、さすがに
この展開を長引かせる気はないようで(月日は7年も経過
したが)、新たな挑戦と苦難に望む沖田圭介が復活した。

ゴルフの原点とも言われている2度目の全英オープンが
舞台であるがコース同様、人間模様も素朴な雰囲気の中で、
マスターズや全米、ドバイのような華やかさとは対照的に
ストーリーが進むのであろう。

元々暗いコミックに華を添えていた婚約者も今では2児の
母となり、かつての煌びやかな雰囲気はもはやない。

次巻でリリーの身内らしき女性が登場するようです。

「風の大地」が面白くてしょうがなかった頃の最初の全英
オープンを思い出します。

苦難を乗り越えてまた一つ成長する「沖田圭介」ですが、
普通の人間にはとても耐えられないでしょう。

「沖田圭介」の終わりは何なのでしょうか。

それを問いつつ、次巻以降の展開に期待しています。
優勝で終わるのか、はたまた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

沖田圭介 [読書]

週刊誌の漫画を読まなくなって久しいが、
ビックコミックオリジナルを読んでいた頃、欠かさず読んでいたのが
「風の大地」。
現在はレンタルコミックで文庫本を読んでいる。
最近、最新刊が出ていたので読んだ。

成り行きがどうもよく分からない。
なぜ、沖田圭介はこんなにも不幸を背負わなければならないのだろう。

この漫画を読み始めた頃からずっと一貫していることは、各話の最終
ページの文章を読んだことがないということである。

もしかしたら、この姿勢がこの物語をよく理解していない要因なのかも
しれない。

各トーナメント毎にプレーの醍醐味とさまざまな人間関係が物語の
面白さであったのだが、ついにメジャーを制するかという話の後は
どうしてこんなに不幸でなければならないのかの連続で、不幸の中に
ある小さな幸せがダイヤモンドのように輝いて見えることもすばらしい
作品だと思う。
しかし、別に彼に簡単にメジャーを取らせたくないことが目的では絶対
ないし、話をただ長引かせることが目的ではないはずだ。

何はともあれ、かつてのスカッとした沖田圭介が誌面にいないことが
大変残念でならない。

この先どうなるのであろうか、雑誌は読んでいないので、全英で
どうなるのかは大変興味深いが、年頃の子供がいるお父さんの
「圭介」にどんな運命が待ち受けているのだろう。

次巻は秋ごろ。

「風の大地」の変化もショックだが、DLife放送中の「リベンジ4th」の
ヴィクトリアの変貌にも驚かされる。

裏の悪の中心(表はもう死んだが、?)であったヴィクトリアが、今は
悲劇のヒロインにしか見えない。
物語りも、これまでの1st-3rdとは全く違ったドラマに見える。

新たな裏の悪はデヴィッド。「死んだはずの人物が生きていて中心人物」
はありがちなので驚かないが、ヴィクトリアには見るほどに驚かされる。
子供への愛がテーマのドラマではないはずだ。

前にも述べたが、今回はシーズン途中の最大のイベントが最初に紹介
されていない。(3rdのビル爆破もそういえばばなかったか?)

何れにしても、今後も見逃せない。日曜深夜(私には)は録画して、
なるべく月曜日に見られるように、早く帰りたいが・・・。

それでは。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

炎と氷の歌 [読書]

「ゲーム オブ スローンズ」の原作、炎と氷の歌の
「七王国の玉座」上巻を読書開始。

以前にも触れたが、その厚さには驚いていたが、各章の
区分けの方法が各人物名になっているのは、たぶん初めての
経験で、「エッ」と驚いた。

確かにビデオの進行も各人物を中心に描かれ、人物と共に
場面が切り替わっているように、後から思えた。

まだまだ先は長そうだが、じっくりゆっくり読書を進め、
適時に報告したいと思う。


サッカーのワールドカップは予選リーグ敗退で大変残念。
アジアの実力はまだまだんなのか?

予選リーグ第3戦のコロンビア戦は、今までに感じたことの無い
日本選手の積極性が感じられた。
なぜ、いままでこういった試合ができなかったのかと、見ながら
感じていたのだが、トントントンとカウンターで点を取られてしまうと、
サッカーはそんなに簡単ではないのだなと、逆に反省した。

でも、全力を出し切ったいさぎよい試合であったと感じたことに
間違いは無く、見ていても後悔の残らない試合であったと思う。

ここまで来た日本サッカーの
過去の代表選手、
現在の代表選手、
明日の代表選手にエール。

それでは。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リドル [読書]

ハリーポッター文庫本、死の秘宝を読み終わり、
これで、ハリーポッターシリーズは完読。

映画を見ただけでは、主人公+2名の魔法のファンタジー世界の
冒険と悪を倒す単純な娯楽作品として楽しめたが、原作をよんでみて、
物語そのもののすばらしさをあらためて感じた作品でした。

特に「リドル」や「スネイプ」、さらに「ダンブルドア」も原作を読まなければ
その人物を理解することはできなかったし、映画の見えないところも
よく理解できるのだと思う。

「リドル」が単なる悪ではないこと、「スネイプ」が本当に忠誠を誓っていたこと、
「ダンブルドア」の死の理由、そして最後の冥界(?)にいた不思議な生き物が
「リドル」の最後の姿であったことなど、何度も言うようだが、原作を読んで
よかったとしか思えない。

さて、ちょっと読書は休憩して、次は何を読もうか。

ビデオ鑑賞は「ゲーム・オブ・スローン」2ndを完了。
こちらも次は何にしようかと模索中。

ワンピースはエニエス・ロビー編、第3巻目。

ゲームはマリオのワールドゴルフのやってないところや大会出場など、
毎日少しずつ。

サッカーのワールドカップも始まり、先ほど日本は初戦に敗れてしまったが、
世界の壁はまだまだ高いといえども、ワールドカップで互角に戦える日本には
なったのかなと感じる。

それでは、次回まで。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不死鳥の騎士団 [読書]

ハリーポッター文庫本の「不死鳥の騎士団」をやっと読み終わりました。
途中、中だるみもありましたが、文庫本4巻、長かった。

炎のゴブレットのラストに「転」を迎えた全体のストーリーは、これまでの
興味深い魔法の世界観を堪能するストーリーから確実にエンディングに
向かうための準備への序章として、改めてラストに向けた世界観の
再構築のためにいろいろな設定が加わり、大変長くなっていると感じ
られます。

その後、映画の「不死鳥の騎士団」を見直しましたが、よく2時間で
ポイントのみ話をまとめられたなという感じで、ずいぶんスカスカな
内容だなというのが正直な感想です。

これも、原作を読んだからこそのもので、映画だけ通しで見れば、
そんな感想はないのかも知れません。

引き続き「謎のプリンス」に入りましたが、全3巻、特に1巻目はなぜか
気持ち薄い厚さです。まだ半分くらいのところなので、1巻目の終わりに
切りのいい場面になるのでしょう。


「ARROW」は9巻目、島での秘密があまり面白くない、ストーリーの
根幹にある何らかのテーマを決定付けるのには必要なのだろうが。
もしくは、この世界観により、シーズン2もしくは以降のラストに
結びつくのだろうが、いまはよく分からない。

「ギャラクティカ」のスピンオフの単発が出ていたので視聴。
何かを期待していたのだが、特になにもなかっら。
やはり、せめて昔の登場人物の誰かが出ているストーリー
でないと臨場感が沸かない。
唯一の共通の登場人物がロボットでは、感情移入できない。

今週は「ローンレンジャー」を借りてきたので、楽しみ。

それではまた。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米中開戦 [読書]

トムクランシー「米中開戦」の3と4の発売。待ってましたよー。

2の巻末でどうなるのかと、3の発売を待ち望んで2週間ほど。

いよいよ本格的に「開戦」、F/A-18Cの戦闘シーンも加わり、
ずーっと待っていた「ドンパチ」が始まりました。

久しぶりの「ドンパチ」で大興奮。得意の潜水艦のシーンは
ないのかななどとかすかな期待を持ちつつも読破中。

現在の中国軍の戦力を最大限表現してくれたらいいなと
思います。侮れないはずですよ、アメリカは。

このシリーズ3部作の最終シリーズだとすると、ドンパチ後の
ジャック、ジャックJrとその彼女、ミスターCなど中心人物の
終わり方が大変気になるところです。
これは4巻に取っておいて、先ずはドンパチを楽しみましょう。

では。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。