So-net無料ブログ作成
検索選択

24はやっぱり24 [24]

「24」リブアナザーデイを先週の火水木で4-6巻を視聴。

「24」はやっぱり24時間だった。
ラスト5分はオードリーの悲しみを表現するのには
6巻で終わらせるためのいい演出だと思うが、
もし、クロエの失踪後からジャックの最後のシーンへの
12時間のストーリーがあったとしたら、最後の悪との
間に、後いくつ展開を設けられたであろうか。

今回は通常の12巻の場合とほぼ同じくらいの悪の
連鎖がありつつも全6巻完結であったため、展開が
非常に早く、従来であれば、その奥の悪についていろいろ
「こいつかな」などと思いながら見ていたのだが、
考える暇も無く、次の悪も見終わってしまうというスピード
であった。

見終わって印象に残るのは、当然といえば当然なのであるが
クロエのメイクが最初から最後まで一緒であったこと。
普通の顔が見たかったが、パンキーなメイクの奥に
おばさんを見てしまったのは私だけであろうか。

次の「24」があるかどうかは分からないが、またロシアで
数年監禁され、そのジャックを救出するところから始まる
「新しい主人公」の「24」があってもいいかもしれない。
キーファーのファンには申し訳ないが(私も残念だが)、
それもありかなと思う。

海外ドラマはまだまだ見るものがイッパイあるが、
大きな山をまたひとつ超えたなという満足感を感じる。

ゲームオブスロンズは3rdの4巻を本日視聴予定。
FIVE-Oは3rdの8巻を昨日視聴。おまけで付いていた
昔版まで見てしまった。
ワンピースは週一録画を始めたBSフジにもうスグ
追いつくので、さっさとシャボンディー諸島の前半を見て
イッキに消化を早めよう。

読書は残念ながらまったく・・・。

「どう森」はファッションチェックがキビシ~。

まったくもって寒い日が続きますが、本年のブログは
これで終了。

また来年。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キャトリンより怖いマーゴット [24]

24リブアナザーデイは先週第2巻、一昨日第3巻を視聴。

ゲームオブスローンズのキャトリンが出ていたので、「オー」と
思ってみていたら、元々凄みのある女優さんだと思っていたが、
キャトリン以上に数倍怖い。

調べたところハリポタの死の秘宝Part1にも出ていたようだ。
見直してみないと記憶に無いが、凄みのある役柄であったことは
間違いないであろう。

・・・ハーマイオニーの母親役でした。やはりあまり記憶がない。

明日は休みなので、第4巻の予定。

なんか調べていたら、アニメスターウォーズ 反乱者たち」の第1話
のみD LIFEで無料放送されるようだ。

昨日放送のBS1、Bizサンデーを見逃したので、なんか出ていないかと
検索したら、こちらが引っかかった。ラッキー

アンダーザドーム2ndもいよいよクライマックス。あと2話。

HAWAII FIVE-O は忙しいので1回休み。

レンタルコミックで借りている「ジャイキリ」と「風の大地」も最新刊が
レンタル開始だったので、先々週と先週で読書。
どちらも延々と続くストーリーだが、飽きずに読んでいる。

まー何かと忙しい。

では。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24-Ⅸ、最後の最後? [24]

24、ジャックが帰ってきた。
先週第1巻視聴。本日第2巻の視聴予定。

クロエには驚かされるが、似合っているのかいないのか、
ロンドンだからって訳でもないと思うが、イメチェン。

素朴でドンくさいクロエのほうが好きである。

ジャックは最大級の勧善懲悪の善であるが、それ故に
普通の生活ができない。
シーズンを増すごとに、どんどん普通から離れていってしまう。
こんなことばかりしていると、世間一般的に言うところの普通の
悪になってしまうのではないかと、気になってしまう。

1話、2話は各1時間でした。とにかく12話で終わるわけなので、
12時間なのか、24時間なのか、それとも違うのか、調べれば
分かると思うが、そこは見ながらじっくりと楽しみたい。

TUTAYAで海外ドラマ1本無料(旧・準)のクーポンは大変
うれしい。おかげでゲームオブスローンズ3rdの第1巻も視聴。

これにFIVE-O 3rd も見ているので、合計3本が土日に集中。
さらに、ワンピースと録画のアンダーザドーム2nd・・・。
時間が欲しい。

仕事も忙しいし、寝る時間もたっぷり取りたい。

Gじゃないモンハン4もなかなか進めない。
「どう森」も毎日定番の作業をこなすだけで、最近は島のツアー
にも行っていない。
すれ違いで「食事券」やら「展示場」は大賑わいだが、
本人はそんなにいただいたり、賑わったりしているほど
ゲームをしていなくて「すみません」の気分。

夜も遅ければ、朝も早く、暗い時間しか生きていないような
気分ですが、もうスグ冬至なので致し方ありませんが、
早くあったかい春にならないかなと、ずいぶん先のことを
思ってしまいます。
本当に朝と夜が寒い。日中まで寒い。

毛糸の帽子、マフラー、手袋(今日は忘れたので寒い)
あと何を用意すれば寒くない?

24-Ⅸ(リブアナザーデイ)、第2巻、3話・4話をビールでも
飲みながら、あったかくして・・・・・。そしてさっさと寝よう。

では。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんなんだよ24-Ⅴ、第12巻 [24]

いやいやいや、やっぱりやってくれます24は。
最終12巻を見終えました。

とんとん拍子で話が進み、やれやれと思ったらまだ残り約30分。
オーッ、と思ってみたら残り約15分。普通ーには終わらせてくれませんね!
そーいえば、この問題はまだ解決していなかったんですよね、Ⅴの最初の
段階でもそんな話が確かにありましたよ。すっかり忘れていました。

Ⅳの終わりはもう本当に終わりかもしれないと思いましたが、Ⅵは必ずあり
ですね。どんなストーリーかは全然予測がつきませんが。

さて、今回はなんといっても助演女優賞をあげたいぐらいのクロエが印象的
でした。最後は一緒に涙してしまいそうなくらいに。大活躍でしたよね。
基本的には、ニーナやミッシェルなどの美系が好きなのですが、今回のⅤで
クロエがダントツの1位で好きになりました。そんな方が他にもいらっしゃるの
ではないでしょうか。

先ずは完賞、めでたしめでたしです。ひと段落つきましたので、週一の単発
映画鑑賞に戻りたいと思います。

スターウォーズはレベル・ドリームの下巻半ば、やけに宇宙戦が多く映像で
楽しみたい内容ですが、そればかりの印象であまり面白くありません。
ダイナミックさに欠けている気がします。

今予定しているのは、コミックで「太陽の黙示録」を借りてこようかなと思って
います。レンタルで1から12巻まで1週間レンタルになっています。

それでは。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2夜連続で24-5、第11巻 [24]

やっぱり借りてきてしまいました。11巻。

いよいよ残すところ最終巻の2時間のみです。
新たな脅威は乗り越えるとして、黒幕の陰謀を
打ち砕くのはもはや大統領夫人の線からしか
考えられません。もしくは、最後の脅威に黒幕が
折れるか、そのどちらかでしょう。

ピエルコが最後の脅威となれば、「正義はアメリカ
にあり」で終われるのですが、録音テープが解析
されたり、ICUの国防長官が起き上がって動き出したり
する可能性も無きにしもありません。

とにかくあと1巻。年内にゆっくり見る予定でしたが、
一気に見まくってしまいました。

ところでノビックはいつもながら核心の近いところに
いるにも係わらず、大した活躍、いや、全く活躍しない
のが不思議です。世渡り上手といったところでしょうか。

最終12巻は今日は借りません。と一応決めています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24-Ⅴ、第10巻 [24]

翌日返却で第10巻を借りてきてしまいました。

オードリーは死ななかったのですが代わりに・・・。でも本当に
死んだのでしょうか。最終場面でひょっこり出てきたりして。

黒幕の黒幕はやっぱりいましたね。これで、あと4時間もつと
思います。この最終の黒幕にたどり着くとすれば、大統領が
バウアーに助けを求めるといった展開もありそうです。

クロエホテルのラウンジでのシーンですが、酔っ払いに絡まれ
そうな雰囲気のときに、クロエに重大な危機が・・・と思ったの
ですが、24らしくない笑える展開だったのが意外です。でも、
安心させといてなんかありそうなのも24なので、予断が許せま
せん。

さて、大統領が最後まで悪を貫きそうだとは、とても思えません。
大統領夫人のこともあるし。
どこの場面でか、良心の呵責に耐えられなくなった大統領が最後
の悪に狙われ、バウアーは悩んだ末に、それでも大統領を助けて
しまうという展開が私の考えるバウアーの正義です。
果たして、どうなることでしょうか。

さてさて、本日も借りてしまうのでしょうか。仕事の終わる時間にも
因るので微妙です。

ところでSWのレベル・ドリームですが、上巻を読み終わり、宇宙戦は
派手そうなのですが、いまひとつストーリーに大きな展開がなく、惰性で
読んでいる状態です。
下巻ではコルサントで何かあるのでしょう。それを期待しつつ読書に
励みます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英雄「リン」に捧ぐ、24-Ⅴ、7巻・8巻・9巻 [24]

一気に3巻見てしまいました。

7巻
小童役人と言ってしまった「リン」は英雄としてその登場を終わりました。
それなりの存在意義がちゃんとあった役柄でした。
しかしながら、一緒に死んでしまったガードマンの存在は、別にいなくても
よい存在で、子供にまで電話して「パパいつ帰ってくるの」なんて、テロの
恐怖と残虐さを強調するやらせ出演以外に考えられないと思うのはわたし
だけでしょうか。

8巻
ストーリーの3分の2を終えたところで、最後の黒幕(?)が出てしまった
わけですが、残り8時間でまだ何かあるのが24だと思うのですが、もっと
すごいことっていったい何でしょう。
ところで、大統領夫人の側近とその娘がどうなったか?ほとんどの人は
その死が確実だと勝手に思っているわけですが、「子供の死」はさすがに
映像には出来ないですよね。いくら病んでいるアメリカといえども。

9巻
ヘンダーソンとジャックの一騎打ちのみで残り6時間はもたないと思われる
以上、次の何かが全く想像のつかない24だからこそ、我慢できずに次を
見てしまうのです。生き残ったジャックの味方は、ビル、クロエ、ウェイン、
オードリーは結局死ぬのだと思います)とシークレットサービスのアーロン
だけになってしまいました。特にアーロンの動きが気になるのですが、最後
には誰もいなくなってしまうのではないかと心配です。
今回のエンディングは、決して喜ばしい内容ではないような気がしてなりま
せん。
これまでの巨悪は「テロ」だったわけですが、今回はアメリカ内部の問題な
わけで、ジャックの「アメリカの正義」もその根本からむなしく悲しいものに
なってしまっているような気がします。

10巻以降はまだ1週間レンタルではないのですが、翌日返却で今週借りて
しまいそうです。今日はむりですが。

読書の方は、デセプション・ポイントをだいぶ前に読み終えて、現在スター
ウォーズに戻りました。

スター・ウォーズ レベル・ドリーム〈上〉

スター・ウォーズ レベル・ドリーム〈上〉

  • 作者: アーロン オールストン
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2002/10
  • メディア: 文庫


まだ上巻の始めですが、全体の感じがつかめていない状態です。

ダン・ブラウンの「デセプション・ポイント」は「天使と悪魔」同様、後半のテンポが
めまぐるしく変化しすぎで、ここまでする必要がなくても十分前半の話の楽しさが
味わえる作品だと思います。「ダビンチ・コード」のよい点は、最後に思いっきり
スローダウンしたシーンにより、一息つきながら読者が終われるところが最大の
ヒットの秘訣だと思います。まだ映画もDVDも見ていないのですが、そのところが
どう表現されているか楽しみです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24-Ⅴ、5巻、6巻 [24]

24もやっと半分。ずいぶん長いなと思いつつ、さて本星はだれ?
という疑問がちらほら。
「聞いてないよ」の登場人物が、以前の作品より現れ方が突然なのは
ストーリーの練りこみ不足以外には考えられません。

いけ好かない、本部から来た「リン」はやっぱり小役人どまりの役柄のまま
終わりそうです。

突然怪しい副大統領、にわかに怪しさがにじみ出ている大統領夫人、
(病気も怪しそうだし、パーマーとの関係についても何かありそう)
生きているアルメイダもこのままフェードアウトしそうもなく、何かをバウアー
に話すのでしょう。
意外性でノビックも実は・・・・だったら、「いったいなんなのこれは」と言わず
にはいられないでしょう。
超意外性で、しつこいようですが、国防長官を本星の大穴にしたいと思います。

エドガーも最初は変なやつだったのですが、今となっては残念なひとを・・・・。

そういえば、名前は覚えてませんが、シークレットサービスのおじさんは、ジャック
キムとともにフル出場ではなかったかな。間違ってたらごめんなさい。

現在9巻まで1週間レンタルになっています。ここ2週で4巻見てしまったの
ですが、第7巻も数日中に借りてきてしまいそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

我慢しきれずに24-Ⅴ、3巻、4巻 [24]

我慢しきれずに、3巻、4巻を立て続けに見てしまいました。
もうどの時間のことか分からなくなっているので、まとめて感想を。

11:00~3:00
事件のセカンドステージも中盤を越えたかなといった状況で、神経ガスの
次に来る恐怖と仕掛け人の姿が見えなくなっています。

気がかりな一点は、あのいけ好かないCTUの本部から来た「リン」がCTUの
外で襲われるシーンは後の何に関与するのかということ。
何かの伏線であることは間違いないのだが、なんだか全然分からない。

あと、今回特に気になるのは、バウアーとオードリーの色恋がメロドラマ
しすぎている点。24に愛はあるのだが、ストーリーの過激さとテンポを
崩すほどではなかったのが過去の作品で、今回はちょっと語りすぎな気が
する。

未亡人の親子はもう2度と出てこないと思うのだが、はてさてどうしたもんでしょう。

全体の話のまだ中間にも達していない段階で、今回の究極の「悪」はいったい誰?
大予想:わからない。
唯一、この4時間分に登場していない「カミングス」が連絡を取っていた作戦室?
の中の男が気がかり。

次も予定より早く借りてきてしまいそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

24-Ⅴ、 第2巻 [24]

先週に引続き24-Ⅴのレポートです。
9:00~10:00
事件が進行するのみで、特に気付いたことはありません。
人質が射殺されても平気でいられる自分が怖いです。
10:00~11:00
本部から変なやつが着ました。一見CTUを成功に導いた「善玉」
風ですが、意外と「悪玉」だったりするので要注意。
24の基本として、大きな「悪」は小さな「悪」を必要に応じて平気で
「善」に売り渡すという点があります。これもCTUを欺く計画のうち、という
やつ。「ニーナ」がその代表例。
この例に当てはめると、大統領の補佐官は小悪人。
・・・・・・・・
クロエがもし大悪人の直結の手下なんてことはないよね。

読書の秋ですが、スターウォーズ「暗黒の旅路」を読み終わり、さて
次へと思っていたら、ダン・ブラウン文庫本が出ていました。
「デセプション・ポイント」

デセプション・ポイント〈上〉

デセプション・ポイント〈上〉


ダン・ブラウンにはまってしまった私としては、読まずにはいられなく、割り込みしました。
まだ上巻の取っ掛かりですが、どんな展開か楽しみです。

秋は、眠い・・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。